あゝお腹いっぱい、次なに食べよ

機械学習とかAWSとかiPadProとかGalaxynote8とか

Linux on Android with Galaxy note8 DeXmode

お疲れ様です、sysopjpです  

まずはこちらをごらんください。
 
 

 
お気づきだろうか?

f:id:sysop:20181002200832j:plain

 
そう、実はこれ、 android8.0上でUbuntu18.04が動いているのです
そしてはい!こちら!! 

f:id:sysop:20181002200046j:plain

 
スマホ上で pandas 動いてますね  
やばい Pythonista ついにお払い箱になった。。。  
あ、ちなみにデスクトップモードっぽいのは SC01k DeXモードです  
接続の全体像を見せるとこんな感じ。  
 

 木箱のなかにDeXにするためのUSB-C2HDMIが入っています
モニタ下のやつはスピーカー
今日は、この Ubuntu on Galaxynote8 の解説になります。  
あ、別にDeXモードじゃなくても動きますので 解説はスマホ画面でいきますね  
なお、Androidのサンドボックス内で動作するのでrootは不要ですが、利用するアプリが安定版ではないため自己責任でお願いします。  
sysopjpは、SC01kがおもちゃで、メインは iPhoneSEiPadProなので そこんとこよろしく。

 使うアプリ

気になる人は  
あたりみるといいんじゃないですかね。  Kotlin で開発されてるみたいです  

 必要時間

起動するだけなら 30分くらい  
pandasとか aws コマンド動かせるようになるまでは半日くらいかな?  apt-get install とか pip install pandas にむっちゃ時間かかるので  
Netflix とか amazonプライムとか用意しとくといいですよ  

実際にやってみる

では、実際にandroid上に Linux環境を構築してみましょう。「UserLAnd」を起動します。
 

 
右上の + から CreateNewすると Filesystemをdebianにするか Ubuntuにするか聞かれるので好きな方選んでください。
あと 名称つけましょう

作ったやつをクリックすると Settingがはじまります。
まあまあ 長いです、5分くらいかな、この間に  

アマゾンプライムとかNetflix でみるアニメ選ぶといいですよ  
今だとからくりサーカスの前に うしおととら 履修するとかもオススメですね!!!  
 
 

はい、勝手にConnectBotが立ち上がりましたね  
パスワードは userland です。  
あとは なんていうかまあ、普通の ubuntu なので
 
sudo apt-get update 
sudo apt-get upgrade 
sudo apt-get install -y build-essential python-dev  
 

 

などで必要なものをいれてください。
vim  でも git でも pythonでも aws 好きなものが入ります。  
っていうか pandas が動きます。大事なことなので二回書きますが
スマホ Galaxynote8 SC04k上で pandas が動きます。

f:id:sysop:20181002200435j:plain

 
あ、でもさすがに Dockerは動かなかったですね。  
 
以上、よろしくお願いします。